このガジェットでエラーが発生しました

2011年12月29日木曜日

Hauz Kaus Complex ハウズ・カースへ

お友だちとランチをするため、ハウズ・カースに行ってきました。

ハウズ・カース、初めて行きました。
受け売りですが、デリーの「代官山」(??)らしく、デザイナーのショップやアートギャラリーなどが多いエリアということらしいです。

肝心のお昼のお店の写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました。Yeti-The Himalayan Kitchenという、チベット料理メインのお店でした。ハウズ・カース・ビレッジの一番奥のほうにあるお店でした。


チベット料理ははじめて。

よくわからずに注文してみましたが…かなり乱暴に分類すると、頼んだMomo=餃子の親戚、Thukpa=ラーメンの親戚、Fried Rice=チャーハンの親戚…要するに、中華料理に非常に近い味でした。日本人の口には馴染みやすいお味でした。


食後、ハウズ・カースの一番奥にある公園(?)にある遺跡を探索しに足を延ばしました。
到着してびっくり。



こわいよー

え、こんなところに??という感じでドーム型の遺跡や貯水池、モスク跡があり、そこに、ゆーるい感じに人々が思い思いの時間を過ごしているのです。

そこ、入っていいのー?
登っていいのー?
…みたいなところにまで人がいます…。

転落事故でも起きたら…
自己責任か…。
柵がないぜー。
いつ崩れてもおかしくないぜー。
思い思いに過ごす人々

素敵な空間でしたし、心地よい気候なのでゆっくり探索したかったのですが…

さすがにチーちゃんが落ちそうな恐ろしさを感じ、少しだけ歩き回り、さっさかと退散してきてしまいました。

帰り道に色々「ブティック」やギャラリーなども横目にしましたが、ちょっと疲れ気味の両親と、元気すぎるチーちゃんと早めに退散。

数か月前にオープンした太巻き屋さんもハウズ・カースにあるらしいのですが…
そのお店は別途チャレンジかな。

お散歩には素敵な空間でした。(特に今のこの季節)
また開拓しに遊びに行きたいなー。




☆★☆

Yeti - The Himalayan Kitchen

50 A, 2nd Floor
Hauz Khas Village, Hauz Khas
Delhi 

011 40678649, 011 41027746

2011年12月25日日曜日

逆転ニュース&イブランチ@インペリアルホテル

なんと。

以前投稿した逆子&へその緒一重巻の件ですが、24日に覚悟して検診に行って確認したところ、どちらも解消していました。お腹の子がまたひっくり返ったようです。
お願いだからもう動かないでおくれ。

今一度、年末にポジションを確認して、頭が下に固定されていれば自然分娩の可能性が高くなってきます。逆子のままだったら早ければ27日には帝王切開という心づもりだったので、嘘みたい。

いやはや、出産は本当に最後の最後までどうなるかわかりませんが、もともと自然分娩が希望だったため、やはり土壇場で可能性が戻ってきたのは嬉しいです。

朝の検診の後、嬉しいニュースを胸に家族で一度行ってみたかったインペリアルホテルの「1911」というレストランでランチブッフェに行くことにして行ってきました。

室内にはサラダとデザートのブッフェテーブル、外にはホットプレート類のブッフェテーブル。

ホットプレートのお肉類は個人的にさほどそそられませんでしたが、室内のサラダとデザートは美味しくてバリエーションが豊富だったので、何度も行き来してしまいました♪

写真の通り、小さな巻き寿司もありましたが…これは日本人的には??な味でした…(写真の巻き寿司の一番上は、七味ロールだった…)

デザートは別腹。笑
はぁ~思い出しただけでも幸せ♪

ホッと気が抜けてしまいました。
気が抜けすぎて体重過多にならないように気をつけねば。

帰りにはこのホテルの大好きなパンを購入しました。
お昼に沢山食べたので、夜はパンとミネストローネ♪

思っていたより穏やかに年末年始を迎えられそうです。
来年&出産目前、残りの年末を有意義に過ごすぞー。



★☆★

1911
The Imperial
Janpath, New Delhi. 110001 India

2011年12月23日金曜日

クリスマスツリー

とうとう買ってしまいました、クリスマスツリー。

リースや小さい飾りで過ごすつもりだったのに、
久しぶりにクリスマスソングを流したら殺風景な我が家がいやになり、オットーに相談。

GOサインをもらって鼻息荒く、先日PIGPOに肉を買いに行った時に隣のお土産屋さんで見つけた形のいいツリーとオーナメントを買いに出かけたのでした。

クリスマス、クリスマスイブ直前の23日にイソイソとツリーを買っている自分もちょっと滑稽…。
でも、考えてみたら来年のクリスマスはチーちゃんも3歳。

きっとその頃にはサンタさんやクリスマスについてもわかっているだろうし、来年もデリーで好みの形のツリーに出会えるとは限らない。そして、これから毎年飾るなら今回のツリーへの投資は悪くない!…と色々理由づけし、購入!

家に持ち帰り、さっそくメイドのターさんと母と三人で飾りました。チーちゃんはお昼寝していたので、目が覚めたら目を丸くしてびっくりしていました。
でも喜んでいたようです。大きなツリー♪と言って、なぜかクリスマスツリーにハピーバースデーと歌っていました。

ふふふ。
ツリーがあるだけでクリスマス気分がぐっと盛り上がります。
数日だけのことですが、クリスマスツリーを置いてシーズンを家族と楽しみ、
そしてまた月曜には来年会いましょう、とさっさと片づけます。

我が家はクリスチャンなわけでもないし、なんだか馬鹿らしい気もしますが、
ちょっとしたイベント感や季節感って生活のめりはりに大事かと。

…さ、次はお正月です。
どうしようかな。

2011年12月21日水曜日

オールド・デリーへのドライブ

日曜は家族でランチをしたあとにコンノート・プレイス周辺まで出かけたので、ついでにドライブだけでもということで、ドライバーのプーちゃんにオールド・デリーに向かってもらいました。

母がこちらに来てくれてからまだろくにデリー市内も観光させてあげられていないし、せめてドライブだけでも、ということで行ってきました。

考えてみたら、自分自身も来印してから一度も観光らしい行動をしていませんでした。ひたすらライフラインや食材調達場所、憩いのスポット探しに明け暮れていた気がします。

「ん?インド門?ん?世界遺産?ふふん。」と観光名所的スポットはすべて横目で流して終わってしまう感じ。あぁ、情けない。

そんな余裕のない日々だったわけで、さらには「妊婦」を言い訳にオールド・デリーまで足を運ぶのを避けてきたのでした。ドライブならいいか、という思いと、出産前ではないとまたしばらくいけないか、とふと思い立ったが吉日。

さて、オールドデリーに到着。
うわぁ~すごい人混み、と母は後ろの座席でため息と独り言の連発。そして、車はすぐさま渋滞にはまり、ノロノロ運転。

確かにすごい人。想像していたほどではなかったのですが、きっとそれは日曜だったから。それでも混雑ぶりは相当なもの。これが平日だったらどうなっているんだろう…。

日曜は通常営業のお店が閉まっていて、かわりに毎週ストリート・マーケットが開催されているそうです。古本、古着など雑雑と路面に並べられ、皆が思い思いに服を試着したり本を探したりしている光景が目立ちました。

人の多さに圧倒されるのと、その皆がそれぞれのめいっぱいの生活しているダイナミズムを感じます。母の言葉を借りれば、テレビなどで見る、いわゆる「インド的な人混みの光景」が広がっていました。

この人混みの中での運転。
普段の道でさえ人や車が飛び出して来たり寄ってきたりと難しそうなのに、オールドデリーでは格別でした。…以前どなたかインド在住者に、ドライバーがオールドデリーへは運転したがらない、というのを聞いたことがあったのですが、それにも納得。人と車と動物がぎゅうぎゅう押し合いへしあい。

我が家のドライバーのプーちゃんは熟練ドライバー&その昔、4年ほどオートリキシャ―も運転していただけあって??見事なハンドルさばきで我々をこの混沌の中を連れていってくれました。
あぁ、ありがとう~。

しかし、オールド・デリーをさらっと車で抜けて我ながら意外だったのは、この混沌に対して覚悟していたほどショックを受けていない自分がいたことでした。2006年に出張で来たときには、同じような混沌トラフィックをインド門界隈でも経験したような記憶があります。

車もバイクもオートリキシャ―も牛も人もぐしゃっと川のようにうずめきあって進んでいたような道の印象があるのですが…。(記憶がいつの間にか誇大化されているのかしらん。)
もしも2006年に見たものがかわってきているのなら、これもまたわずか5年の間でインドが大きく変化している兆しのひとつなのかと。この先どんな方向に進んでいくのかわかりませんが、勢いあります、インド。

もっと開拓したい気がするけれど…。
妊婦はやはりオールドデリー歩きは厳しいかと。
そして、ベビーと子ども連れの場合は一体どうすれば…。

また挑戦してみたい、深い深いオールドデリーでした。

2011年12月19日月曜日

アイロン屋さん

先日、メイドのターさんにベッドシーツを替えて洗濯してもらったのですが、洗濯が終わったシーツはどうすればいいですか、と彼女が言ってきました。

しわしわでアイロンしたほうがいいので、外のアイロン屋さん(ドビー)に委託したいと。

ちなみに最近分かったターさんの苦手なもの:
1.アイロン…でも最小限ならやる。
2.虫退治…私よりも多分苦手。虫をやっつけてと依頼しようものなら、ビニール手袋に大量の新聞などフルガードで挑み、泣きそうな顔で頑張ってくれる...。

結構オールマイティの彼女ですが、アイロン、特に大きいものについてはとても嫌がります。

以前も、月3000ルピー(今のレートだと4,500円ぐらい)で、週に一度、家にあるものをひたすら一日中アイロンしてくれるアイロンおじさんを紹介します、と何度かオファーされました。

…家の服がかたっぱしからアイロンされているのはきっと実に気分がいいだろうけど…一日中アイロンって…どんだけ電気代食うんだろう、とか、別に全部アイロンしてもらう必要もないなぁ、見ず知らずのおじさんが家の一角でずっとアイロンしているのってどうよ??ということで、高いのか安いのかわからないそのアイロンおじさんはお断りしたのでした。

話を戻して、今回のベッドシーツ類のアイロン。
彼女の希望通り委託した先は、あちこち路上で営業している路面アイロン屋さん。我が家の前の道をまっすぐ3軒先ぐらい行くと、家の前の木の下で炭で温めたアイロンでプレスしているお兄さんがいるのです。今回は彼にお願いしました。

車で出かけるとき右折すると、もう一軒、老夫婦がやっているアイロン屋があるのですが…
アイロンお兄さん曰く、彼らの担当は別、とのこと。
アイロン屋同士の陣地がどうもあるようです。

特にノリをつかっているわけでもないのでパリンパリンではないけれど、
洗濯物のしわしわ状態よりはましかな?

ターさんも苦手なアイロンから解放され、シーツ・枕カバーのしわも伸び、占めて100ルピーでした。約150円。思いの他、炭のにおいも気になりませんでした。

パチパチパチ。
たまにならいいよ、ターさん。

2011年12月17日土曜日

準備中

あれあれ。

結局携帯からのテスト投稿してから早一週間が経過。
ツールが便利になろうが、気まぐれペースはかわらず、のようです。

デリーの街はようやくすこ~しだけクリスマスモードが伺えます。SaketのSelect City Walkのモール内にも巨大クリスマスツリーが登場していました。Khan Marketなどでオーナメントや偽ツリーを売っていたりしますが…な~んだかいまいち雰囲気がクリスマスに盛り上がらないのはなぜだろう。

クリスマスといえば、イルミネーション、クリスマスソング、リースやツリーやわくわく感…。あぁ、恋しいなあ。家族のクリスマスプレゼントはどうしようかなぁ…。

クリスマスも差し迫っていますが、そろそろ出産準備も本格化しないと、です。

予定日は来年早々なのですが、現在胎児のポジションが逆子&へその緒一重巻のため、このままいくと、今年中に帝王切開をもって出産することに。今週で最終判断するので、最後のあがきで逆子体操をもうちょっと行ってみる予定です。


インドでの出産は他の日本人でこちらで出産した方々でも知っている限り、ほとんどの方が帝王切開という結果が断然多く、我こそは少数派の自然分娩の例をつくりたいなぁ、と思っていただけに、このまま帝王切開になったらちょっと残念かなぁ。

…とはいえ、こればかりは仕方ない。
なるようにしかならない。

赤ちゃんと会えるのももう少し。
楽しみ。
でもやはりちょっと緊張します。

2011年12月10日土曜日

テスト

携帯からの投稿をテストしています。
これが便利ならアップが増えるかな?

「かもしれない」

…最近のチーちゃんの口癖。
いやはや、何でも真似するから言動気をつけようっと。

2011年12月5日月曜日

貴重な時間

ファーストシューズ時代。あぁ懐かしい。
明日から、出産応援に実家の母が来印します。
素直に、嬉しい。
そして待ち遠しい。
そして、出産までもう本当に間近という現実が迫っていることを実感します。

心理的にはどうなのか。
海外での出産、そもそも出産自体。
準備できてるのかな。(できていない)
こわがっているのかな、緊張しているのかな、戸惑っているのかな、自覚しきれていないのかな。

今の気持ちの山谷や、二人目を迎え入れるにあたっての環境づくりに向き合えているのか。
向き合わずにただ茫然と日々をこなしているのか。
正直わからないまま、自分の中で噛み砕けていないまま時間ばかり過ぎているようにも思えます。

明日いよいよ母来印ということを夕方考えていたら、ふと、出産までのカウントダウンということはすなわち隣にいるチーちゃんと二人きりの時間というのもまた、もう残りわずかなんだなぁ、と感慨にふけってしまいました。

この子が生まれてからもう2年、一緒にべったり過ごしてきたことが思い返されます。
生まれてきたときのこと、そのあとのこまごまとしたこと。
最近毎日キーキー怒ったりあやしたり追いかけまわしていること。
妊婦は感情的になりやすい、です、はい。
次の子もどんな出産、どんなことが待ち構えているのやら。

新しい家族が増えるのは待ち遠しいですが、この子との2人だけの時間も忘れないで大切にしよう、ひとりひとりと向き合える親でありたいな。

今夜のお風呂時間、チーちゃんは急にニコニコしながら大きくなった私のお腹に顔をつけて、
「あーかちゃーん、まってーるよー」と話しかけて撫でていました。
そんな姿が嬉しいな。
一緒に新しい子を迎え入れようね。


今夜はちょっとだけいつもより優しい母モード。
一緒に絵本をいつもより多めに読みました。

いつもありがとう。

Cafe Zaffiroでランチ

日曜は最近お友達に教えてもらったGK-I方面にあるインテリアショップZAZAのカフェ、Zaffiroで家族でランチに挑戦してきました。イタリアンです。

訪れるたびに自分たち以外のお客さんが少ない(というかいない)ガランとした店内なので、経営大丈夫かなぁ、と勝手に心配していたのですが…

今回発見したのは、どうやら他のお客の皆さんが好むのは、私が毎度座っている一階のフロアではなく、屋上にあるテラス席のようです。食事中、外国人客がぞろぞろと皆、階段を上がって消えていきました。どうりで1階はガランとしているわけです。

身重腰重ぐーたら嫁は、オットーに屋上を偵察しに行ってもらいましたが、屋上は満席状態だったようです!ひょー。

秋めいて(…ってもう12月ですが。日本の気候的には秋。)過ごしやすい今の気候は心地よいかもしれません。次回行けるときは(…って、いつだろう…ベビーが生まれたら活動範囲が狭まるだろうなぁ…)テラスにも挑戦したいと思います。

テラスがあるとはびっくりでしたが、1階も十分に居心地のよい空間です。
ささやかですが、クラプトンなんぞがBGMというだけで嬉しい。
どこもかしこも人だらけのデリーでは、案外一階のこの客がいない静かな感じがかえってよかったかもしれません。



そして今回嬉しかった発見&リピートするにはとても大事だったのは、頂いた食事がどれも美味しかったことです♪オットーと、ごはんを口にして、あれ?美味しいよね?という感じでした。

決して美味しい感動レベルの設定が低くなっているわけではないと思います、多分。
久々に味に納得できたカフェごはんのランチができました。


ちなみに色々頼んでみたのは、Burmese Soupと、ラップサンドと、ペンネアラビアータ、キノコのリゾット。(あれ、こうして書き出すと、今回もガッツリ食べている食いしん坊家族です。)
そうそう、写真はありませんが、デザートにはバナナケーキも頂きました。



食事が美味しいと、気分も上々!
お隣のショップもツボのものがきっと見つかります♪


場所は行ったことがないと行きにくいのかもしれませんが…オフィスエリアの中にポツンとあります。
次はいつ行けるかなぁ。


★☆★


Address: 25 Community Centre, Zamrudpur, Greater Kailash 1, New Delhi  
Tel: 011 41052525, 011 41042525

2011年12月3日土曜日

German Christmas Marketへ

入り口でお出迎えのサンタ
お友達から情報をもらって、今日は午後からGerman Houseで開催されているGerman Christmas Marketへ家族で行ってきました。

昨晩というか今朝(日付が変わっていた)深夜に出張から帰宅し、且つ、午前中は運動してフーラフラのオットーを引きずり、そして眠くてぐずるチーちゃんをなだめながらの参戦でした。

狙いは個人的にはクリスマスグッズ。
だってドイツでしょー?
クリスマスでしょー?

オットーの狙いはもちろん、ビールとフランクフルト。
チーちゃんは、お友達に会えるかもよ?と言ったので、それを期待していたよう。(結論から言うと、会えませんでしたが。)

開催場所のGerman House前に到着したら、すごい人、人、人!そして、その送迎の車も長蛇の列。以前、日本人学校で開催された夏祭りの時も人と車の数がすごいと感心しましたが、その比ではなく、車で近くまで到着した時点で、明らかにあそこでなにかイベントしてるよね、という感じで敷地の外には角をまがった先のほうまで、待機しているドライバー&車たち。
どれだけ人が来てるんだ。ドキドキ。


まずはチケット購入。
入場料が結構高く感じました。大人一人250ルピー。チーちゃんは無料。そんなものかな?

あと、フード&飲み物クーポンを買ったら、2000ルピー。えええっ!高っ!買ってみたものの、このクーポンにあとで振り回されることに。

ドイツパン屋さんのパン♪
入場して、ブースを見る前にとにもかくにも腹ごしらえしよう!
…ということで、敷地内の建物の屋上レストランでランチにありつくことにしました。

注文したのは、ノンベジのプレートというものと、Sausage on a Bun、ようはホットドッグをまずは購入。早速クーポンで払おうとしたところ、会計のお兄さんに現金でよろしく、と言われる。

えっ!!クーポン意味ないじゃん…。

同じ屋上でドイツパンやさんも出店していて、美味しそうなパンを売っていたので、サンドイッチも購入(お腹が空いていたのでした)。すると、こちらも、現金払い…。
ん??

その他、ビールと水を購入。
…これも、現金払い…。
…。


おーーーーーい。
クーポンはいつ使うんだよーーーーーー。



気を取り直し、とにかく食事にありつき、隣に座っていた在印歴3年以上の陽気なオーストラリア人とイギリス出身インド人の女性たちと世間話なんてしたりして、はじめてインド人&日本人以外の外国人エクスパットとのまともな交流なんぞしてみました。

いかにも!なクリスマスグッズ店
そういえば、インドに来てからイギリス人、アメリカ人もちろん、外国人がこれだけ多く集う場所に来るのは初めてかもしれません。ホテルに行くと見かけるのですが。

お隣さんたちとはどうってことない会話だったのですが、楽しかったなぁ。
もっと「外国人」のお友達ができるよう自分の世界を広げたいなぁ、と思いました。

さて、話戻して、食べ終わり、クーポンまいったねえ、持ち帰れる食べ物をブースで買う際に使えるかも??と淡い期待を抱いてブース回りを開始。

色々と見てみましたが…うーん、思っていたほどクリスマスっぽいオーナメントは売られておらず、気に入ったものが見つからずに購入せずに終わってしまいました。紙で作った手作りの☆の紙オブジェをひとつ購入しましたが、1体800ルピー。た、高かった…。しかも折り紙で自分で作れそうな代物(実際に売り子の人に「ジャパニーズ?これ、折り紙よ~♪」と嬉しそうに言われてしまいました。ひねくれ日本人的にはそんなことを言われたら、作れるじゃん、と少し損した気分^^;)

…そして、クーポン。
オットーがビールを購入する際にようやく使えたものの、恐れていたとおり、食べ物を販売している各ブースでは現金のみの受付…

2000ルピーのうち、結局150しか使用せず。
これは転売するしかないっ!というわけで、敷地内にあった同クーポンブースに並んでいた善良な外国人にお願いだから買ってください~、と泣きつき、残りを買ってもらったのでした。

楽しかったけど、クーポン購入はちょっと失敗。
クーポンさばくのに必死だったのと、妊婦だったのと、人混み多かったこともあってゆっくり見られなかったかなぁ。来年行くとしたら、もう少し早い時間に挑戦したいと思います。

クリスマスソングが流れていたり、甘いお菓子のにおいが漂ったりと、クリスマスめいていて楽しいイベントではありました。明日も開催されているようなので、こちら在住の方で感心ある方は足を運んでみると面白いかもしれません。

あ、でも、クーポン買うときは気を付けてくださいませー。

美味しかった粉かけワッフル(名前失念)
雑貨・カード屋さん



タッセルを買いに

Lajpat Nagarの紐屋さん
買い物ネタが続きます。

近頃は、出産も間近ということもあり、身重なためにチーちゃんと2人だけの買い物がしんどくなってきました。(今にはじまったことではないのですが…。)

まだ2歳になりたて、ちょっとした際に抱っこしてほしいお年頃です。
せがまれると、抱っこしてあげたいのは山々だけれども、自分の体重でも重たいし、腹がつかえて抱えるのも数分が精一杯。抱っこしっぱなしは、ごめん、無理なのです。

そんなこともあり、近頃はちょっとした買い物はメイドのターさんに付き添ってもらうことにしています。50過ぎの彼女にチーちゃんを抱えさせるのも正直申し訳ないのですが…たくましい腕でチーちゃんを抱えて買い物に同行してくれています。

さて、本日はカーテン用のタッセルを探しにLajpat NagarのCentral Market界隈まで行ってきました。こちらは、女性ものやファブリック、インテリア用品などがそろう庶民派マーケット。いつ行ってもローカルインド人でごった返しています。

4時過ぎに行ってみたら、あてにしていたお店が、何やら目の前でイソイソと店じまい。
せっかく来たのに!

ターさんの説明を正しく理解するならば、売店みたいに出している露店のような店は正規店ではないので、本当は外に出していてはいけないんだとか。それと関係あるかわからないけれど、見事に露店の通りの店の他の各店もあっという間に店じまい。

…で、一帯の掃除(掃除のお兄さんたちが一斉に通りの道の掃除を開始していた)が終わったら、30分後にまた店を開けるとか。
んーなんだかよくわからないー。
でも、ほこりっぽいし、30分も待機してられない~。

そこでターさん、「お店のほうに行きましょう」とのこと。
彼女のリードにまかせ、Central Marketから道を渡り、大通りの向こう岸の小道をずんずん進む。
どうやら、先ほどの路面店の正規?店のよう。

ターさん、お店に着くやいなや、シャウト。
ターさん:「ちょっと、おたく、カーテン用のタッセルはあるー?」(という感じで多分言っている)
店員:「うちにはないよー。隣の店だ。」(これも想像)
ターさん:「ティーケ!」(わかった、の意味のヒンディ。これは皆よく使うのを聞きます。)

ちなみに、こうやって彼女はどの店でも声を張り上げて聞いてくれる。
それに、店員が何かしら返事してくる。それの繰り返し。
その掛け声のやりとりが、なんだか、都会暮らししている日本人若者が忘れかけていそうな、当たり前の人対人のコミュニケーションで、心地よい。

隣の店に行くと、そこは紐屋さん。レースもちろん、ビーズワークのもの、凝ったデザインのものまで大量に壁に並んでいる。手芸など趣味に使う人たちにとっては、きっとここの在庫は鼻血ものなんだろうなぁ…と感心。が、しかし、タッセルなんて出てくるのか?

ターさんと店員のやりとりを聞いていると、Central Marketの(ちょっと高級めの)寝具・カーテン屋に行け、と言われているよう。た、確かに私もタッセルときたら、カーテン屋に行くと思う。

がしかし、ターさんは最初からカーテンのタッセルを買いに行こう~と誘ったら、紐屋を念頭にしていたようで、店員のすすめは彼女には受け入れられない。
(ここで、一体ターさんはどんな紐を想像しているんだろう…と、内心不安がよぎる。)

ターさん:「何もないわけ?あるでしょ?」(以下、あくまでも身振り手振り等からの会話の想像)
店員:「1種類だけなら多分あるよ。クリーム一色だけど。」
(最初に、私たちは茶かピンクを探していた。)
ターさん:「それ見せてよ。」

店員、のんびり店の端をごそごそ探し、タッセルを出してきた!(あるじゃん)
悪くない。むしろ、探していた色よりもいい気がして、多少汚れがあったけれど、それにしたい旨ターさんに伝える。

ターさん:「で、1本いくらよ。」
店員:「80ルピー」
ターさん:「ん?それは高すぎるわよ。50でしょ。」
店員:「60だな。」
ターさん:「55よ。」
(というのが、倍ぐらいのやりとりがあったが、趣旨は上記の通り。)
そして、店員は無言で立ち去った…。

えーっと。
この場合はどうなるの?

…ターさんに目配せしたところ、外人だと見て高くしてるのよ、と鼻でフンとして(るように見えた)、「マムは55x本数だけお金を出せばいいですからっ!」と強気。

というわけで、ター様のおかげで、無事にタッセルを正規?値段で入手ができました。
ありがたや、ありがたや。
ター様の威力発揮、のショッピングでした。

無事にタッセルが我が家に。




ター様が値切ってくれたタッセルたち

2011年12月2日金曜日

クリスマス気分

12月に入りましたね。
フェースブックなどで日本のお友達の写真のアップをみていると、もうすっかりクリスマス気分が伺えます。

いいないいなー。こちらはようやく長袖を着るようになったというのに。寒いのは嫌、でもクリスマス気分は好き、です。

先日、お友達のお宅にお邪魔したら、季節に乗っ取りすっかりクリスマスデコレーションを飾っていてとても素敵でした。いつの間にか薄れていた季節感…。そういえば、8月に持ってきたうちわもまだ出しっぱなし…。

触発されて我が家も少しぐらいはクリスマスシーズンを匂わせようかと思い立ち、早速日本から持参したリースを飾ってみました。

しかし、久しぶりに出してみたら、パーツがぽろぽろ落ちてきた!リボンもよれよれっ!

…そして、いざ飾ってみると…ん?それだけ??という感じでなんだか物足りない。もともとクリスマスっぽいものは持っていないのでした!

そんなわけで、昨日はデリーの銀座??Kahn Marketに行ってきました。さすがに外国人がよく集まるマーケットだけあり、オーナメント、クリスマスツリーなど色々出ていました。

チーちゃんと2人で雑貨屋さんでオーナメントを選び、購入。
写真の☆型のものは、紙でできたオーナメント。(ペーパーマシェ)

大小様々、色とりどりで楽しい。赤い☆や、丸いボール型のものを選びました。これはお気に入りをちょっとずつ毎年増やすのもいいかもしれません。

写真のキンキラリンのツリーはいかにもインドっぽい色合いでまぶしい刺繍もの。

さて、どこに飾ろうか。
…肝心のツリーがないのですが、どこかにせっかく買ったオーナメントを飾ろうかと思っています。

 クリスチャンではないけれど、シーズンにのっとりもう少し家の中をデコレーションして季節の気分を味わいたいと思います。

2011年11月27日日曜日

ZOOに挑戦

 今週チーちゃんの2歳のお誕生日が迫っているのですが、週半ばからオットーの出張が入ってしまったため、週末にお誕生日お祝いを決行することにしました。

シンガポールに遊びに行った際に目覚めてしまったチーちゃんの動物園ラブにお答えすべく、今日ははじめてデリー市内にある動物園National Zoological Parkに挑戦してきました。名前のとおり、国営です。

さて、動物園到着後、まずは入園。

チケット購入時、外国人は一人100rpsと言われ、でもRC(Residence Certificate)を持参すればインド人と同じ金額では?と言っても、結局100で押し通されてしまいました...。余裕のない妊婦、人も多かったりであまり気に留めていなかったものの、あとからやはりもっと強く押すべきだったなぁ、と悔しくなりました。

ちなみに、他の美術館や博物館でも、こちらでは駐在している外国人たちは外国人価格ではなくてResidenceを確認できれば滞在者の割引(多分、インド人地元レート)が適用されるところがほとんどと聞いているので…今後はもっとRC振りかざしてアピールすることと心に誓ったのでした...。

もしくは、あとからドライバーのプーさんと話していて彼いわく、プーさんにチケットを買ってきてもらう、の技を使うかな、です。

いざ動物園の中に入って、我々はチーちゃんが朝から「ジーブラ(シマウマ)に会う」と張り切っていたのでシマウマコーナーに向かったのですが…。

うーん…。

結果から言うと、シマウマはもちろん、ほとんどの動物に会えなかったのでした。
地図に書いてあった「トラ」とか「ライオン」コーナーなど、行ってみると、動物がいなかった…

餌やりなど、時間的な問題なのかしらん。
それだけならまだしも、そもそもシマウマのコーナーにはたどり着けず…


シャベルカーが走る。そして道は凸凹状態…ベビーカー押せません(涙)

というのは、入り口付近はさほど不自由なかったのですが、中に進めば進むほど、途中からぐんぐん道が険しくなり、ここはどこだ??という工事現場状態の場所に化していったのでした。

トラクターやシャベルカーは走るわ、工事作業の人々が作業しているわ…。

目の前の道が特になんの前触れもなく遮断されていたので他のインド人観光客たちがそうするように、でこぼこの、道なのかよくわからない草やぶの中を突き進んでいったのでした...。ようやく舗装されている道にたどり着いたときは、さすがにホッとしました。まさか動物園でこんな道を通るとは…。

こういう道を突き進む。軽くトレッキング状態。ベビーカー、無理です…。
え~こっちでいいの~ここ通っていいの~。なんともまあ、整備されていない場所でした。そして工事のせいもあり、恐ろしく埃っぽい…。いつもこんな状態なんだろうか…。工事はいつか終わるんだろうか…。

動物たちに出会うより、インド人観光客たちに逆に珍しそうに見られた感が強く残った会でした。

シンガポールの有名動物園&ナイトサファリのあとということもあって尚更ショックが大きかったかとも思いますが…途中から静かになっていったチーちゃん…楽しめたといいのだけど…。

動物園から出たあと、気を取り直してKhan Marketでランチをし、夜は家でささやかなお祝いをしました。ハッピーバースデー、チーちゃん。ますます世界が広がる2歳の歳となりますように。

バースデーケーキはカップケーキに先日書いた、Tej Farmで購入したイチゴと、キウイをあしらったもの。フルーツをメインに食されておりました。


2011年11月26日土曜日

運動会

チーちゃんのプレスクールで今日は運動会がありました。

私は病院で検診があったので、オットーとチーちゃん2人で学校に行ってもらい、あとから間に合えば合流、ということで朝から皆で一緒にお出かけ。

思いのほか検診がすんなり進み、ついでに言うと、とうとう病院に入院予約までしてきました。(ひゃー、もうすぐ臨月に入ります。病院、出産についてはまた別途書こうと思います。)

…というわけで、急いで学校にかけつけると、開始予定時刻10分前に到着。オットーと無事に合流し、前がよく見えそうな席に着席し、待機。

オットーはすでにその20分以上前からチーちゃんを預けてから待機していて、小さい子ども椅子に座り続けておしりが痛くなり、泣き言を吐いていました。

そして開始予定時刻…過ぎる。(やっぱり)
開始は…20分過ぎだったでしょうか。それまでひたすら壮大な感じのミュージック1曲が一辺倒にリピートされ続けていて、気が狂いそうでした…。

チーちゃんの学校の今回の運動会は、「オリンピック」をテーマとしていて演出されていて、運動、というよりは、色々な国スポーツを紹介するパフォーマンス、といったほうが近かった印象。
何せ、写真のとおりの、せまい通路のみを使っての「運動会」

こちら側からあちら側まで行って帰ってくるレースや、テコンドウを真似たボード割、ダンス、サッカー(シュート)、バスケ(シュート)、など…。

チーちゃんはバスケのグループに入れられ、ひくいゴールにボールをぽいっと先生に手伝ってもらって入れていました。

以上、終わり。

えっ!それだけかいっ!!
運動会ってもっと、子どもが必死に色々競争して、親も参加してクタクタになって…というものを想像していたのですが…。運動らしい運動、してないような…。

「運動、オリンピック」をテーマにした子どもたちの演出を微笑んで見守る、の会でした。
皆かわいかったなぁ。泣き叫ぶ子、親を見つけて誇らしげな子、注意力散漫な子…。

ただ、運動会…の定義が自分の考えていたものとあまりにもちがったので、少しがっくり。

そして、ちょっと頭をよぎったのは、日本にいたらちーちゃんと同年齢の子たちはどれだけの運動能力を持っているのかなぁ、ということ。今のチーちゃんの状況よりももっとはるかに外に散歩に行っているだろうし、走り回っているだろうし。

インドの学校ではほとんど体を動かす体育を実施しないとのこと。(暑いからかな…?)
チーちゃんは、性格的には結構アクティブな素質があるように思えるけれど、今の環境では甘々抱っこ三昧、そして歩く機会も少ない…。

もうちょっと運動できる機会を探したほうがいいのかなあー。
体操教室とかダンスとか…。

…と、運動会にちなんで考えてしまった一日だったのでした。
少し探してみようかと考えています。

性格、体育会系母、なのでした…。

2011年11月25日金曜日

椅子購入&チョキさん観察

最近、我が家のドライバーのプーさんが控え目に、「イスがほしいんです~」と、我が家のメイドのターさんに言っていた、らしい。

ターさんが、そう言ってましたよ~、と訴えてきたので、プーさんに確認したところ、どうやら待機中に座る場所がなくて困っていたのだとか。

門番チョキダール君は小屋があるし、プラスチックの椅子がある。界隈のチョキたちも皆自分の椅子がある。

でも自分にはなくて、ほかの人が座っていないときは貸してもらって座れるけど、皆が座っていると、僕は座れない、仕方ないから車の中でじっとしている...というわけです。

あぁ、生真面目なプーさん。
前のドライバーなんて、でかい顔してせまいチョキ小屋ながらにも、我がもの顔でいつも昼寝していたのに。まだ仲間入りさせてもらえていないのかなぁ。

…というわけで、少し同情、イスぐらいいいか、と思い、買い与えることに。

メイド・ターさんの入れ知恵のおかげ(せい)で、プーさんは大勢が座ってるプラスチックの椅子ではなくて、折り畳みの椅子をご希望。

(ん?そっちのほうが高いんじゃないか?まぁいいか。値段にもよるけど。)

なにはともあれ、一緒に出掛けた機会でどこかでイスを買おう、と界隈のマーケット(なし)や、グルガオンに行く途中のマーケットで見たところ、めぼしいものが見つからず。(あったけど、425rps…それでもいいと言ったけど、プーさんはもっと安くできます!と断ってきた。まぁそういうなら、と買わなかったけど、本当はそこでまぁいいよ、買ってあげるよ、と言ってほしかったのかも??)

ようやく、Vasant Vihar方面に行く途中にある家具マーケット(名前失念)で350rpsの折りたたみ椅子をゲット。

プーさん、とても嬉しそうでした。めでたしめでたし。

で、数日後のこと。
我が家には玄関と室内を結ぶインターホンがあるのですが、何かの用事でインターホンが鳴り、そのあとしばらく映像が続いてONになっていたときのこと。

何気なくスクリーンを見てみると、プーさんは確かもう帰っていて、我が家のチョキダールが黙々と椅子を広げている。そして、しっかり広がったことを確認すると、よっこらしょ、と腰かけている。

ん?…ってそれ、プーさんのおニュー椅子じゃないですかっ!!
(ついつい撮ってしまった、目撃写真、上。)

共有財産にでもなったのでしょうか。
プーさん、皆で使おうね♪ということにしたのかしら。
あまりにも平然とチョキさんが使っていたのでおかしくて一人で笑ってしまいました。

ドライバーたちとチョキダールたちの人間関係の世界も色々きっと難しいのかな。
がんばれ、プーさん。

椅子が皆さんにちゃんと活用されているなら嬉しいですよ。

2011年11月24日木曜日

サリー屋さん見学

今日はお友達にお付き合いしてはじめてサリー屋さんに行ってきました。
South Extension Iにある、Nalliというお店。
(すみません、写真とらずにきてしまったのでウェブサイトだけアップ...。)
値段は結構幅があり、安いものは400ルピー(どれだったんだろう...)から高いと多分30,000ルピー台なども。

色とりどりの刺繍やキラキラ~な布がたーーっくさん。
女子的には最高にテンションがあがる空間でした。

大きな一枚のサリーの布を試着させてもらっているのを横で見て、
はじめてサリーを着る手順を見ましたが…
すごい~。
そして、自分でできる気がしな~い…。

そんな不安な方には朗報が。
「ワンタッチサリー」という選択肢。
腰から下のひだを作る部分など型崩れしやすいところをすでに縫い付けておいて、
ジッパーでロングスカートのように着られるという優れもの。

今日一緒に同行したお友達の一人がどんなものかわかるように
お手持ちのワンタッチサリーを持ってきてくれて、
お店を見たあとのランチのときに見せてくれました。
(これもまた、写真とらず。ずぼらですみません。)

ワンタッチサリー、便利そうです。
自分で着られるに越したことはないけれど、自信なければワンタッチに頼るのも手かと。

いいなーいいなー、サリーがつくりたくなりました。
こちらにいる間に1枚ぐらいは…。

ちなみに、メイドのターさんに「ワンタッチサリー」って知ってる?と聞いたら、
最近インド人でもそれを着ている人も多いんだとか。

「でも、マム、私がお教えしますからっ!!」と自信ありげに言われました。
そうしよう。
そして、買うときも一緒に来てもらおう。
出産を終え、妊婦ではなくなり体型も元に戻したら…。(←意志として「戻す」とあえて書いてみる。)

そういえば、今日はそのサリー屋さんに行く際に、ドライバーのプーさんに
「South Extensionのサリーショップに行きたいのー。」とお願いしたところ、
嬉しそうに、「それはいいことです、マム!」と、とってもご機嫌でした。

まだ妊婦だし今日は作れないけどね、と伝えても、
「いいんですよ、いいんですよ、来年がありますよっ!」とか言う。

以前、彼が仕えていたマム(韓国人)は青いサリーを買ったらしく、
それはそれは綺麗だったそうな。
あぁ、プーさん、そんなに何度も言って、プレッシャーは与えてくれなくても…。笑

でもまぁ、嬉しいみたいです。
プーさんの奥様はいつも何を着てるの?と聞いたところ、
「本当は我が家(プーさん家。ようは、奥さんが嫁いだ先)は結婚後はサリーを着てほしいのだけど、
嫁は動きにくいからスーツ(パンジャビスーツ)を着て過ごしていてそれを許してます。」だとか。

街を見ていると私たちと同じように西洋服を着ている人も、パンジャビの人も大勢いますが、
こちらの既婚女性はお家の方針によっては、結婚後はサリーで過ごす人もまだ大勢見かけます。
チーちゃんの学校の同級生のお母さんいわく、結婚の際に嫁入りの品の一部として、
何十枚(それも5,60枚以上)のサリーを持たされて結婚する習わしもあるらしく、
だから持ってる人は、たーーーーーーーーーーーーーーーっくさんサリーを持っているそうな。

そんなに沢山あっても、着物同様、むしろもっと単純な布一枚なので、
畳むとコンパクトに済むし、そんなにかさばらずに便利なのかも。
飽きたらその布でクッションをつくるのもよし、なんていうこともあり??

鮮やかなサリーを着るこちらの風習は、是非ともすたれずに維持していってほしいなぁ、と部外者ながらに思います。

そして、日本に帰ったら、私も今度こそちゃんと着物の着付けを覚えよう、とも思うのでした。

そのうちサリーを仕立てたら、アップしたいと思います♪

2011年11月23日水曜日

病院食堂にて

ちょっと前のことですが。

病院に検査に行って、結果のレポートがあがってくるのを待っていたので食堂で時間をつぶすことに。

さーて、お茶でも頼んで本でも読むか、と席について見上げると、

「ガンガンガンガン」

若者がトンカチを持ってドアを直している模様。
それも、結構、粗い。

うるさいなぁ、と思いながら見守っていると、
どうもうまくいってないようで、下からひたすら力任せに釘を打ちこんでいるように見える…。

「ガンガンガン」

そもそも、手がおぼつかない。危なっかしい。

途中、反対側からドアをノックする音がして、一瞬ドアが開き、ウェイターが出てきそうになったところ、
フロアスタッフが押し返してドアを抑えて閉めてしまった…。
若者に作業を続けるように促す。

…あのう、そこ、キッチンとの出入り口のドアなんですが。

結局15分程、私はメニューをとってもらえず、ほかのお客さんも出てくる食事が出てこず、ひたすらこの青年の四苦八苦を見守る始末…。

最後には、ほんとに直ったの?!という、釘が途中まで飛び出しているようにしか見えないドアの留め具が完成形…。あきらめ??一応ドアは開閉しましたが。

ゆるい感じがインドらしいなぁ~と感心してしまった出来事でした。

2011年11月20日日曜日

またもや、IROHAへ 新メニュー登場♪

  
代表のシュークリーム
食べ物話ばかりで恐縮ですが食いしん坊なので興味がそちらにばかりいってしまいます。土曜の野菜ファームの続きです。

野菜を大量に買い込んで車に乗り込んだところ、まだ午前中。

ランチにはまだ早いし、という時間だったので、足を延ばして(車を飛ばして)グルガオンまで行き、久しぶりに、以前こちらにも書いた東京スイーツのお店、IROHAに行ってきました。

図々しくも、前回訪問の際に入れ忘れのあったフィナンシェを頂きに…というのは言い訳で、願わくば予約はしていないけれど、シュークリームを購入できれば…というのがホントの狙い。

伺う前に電話で連絡してみると、覚えて頂いていて、ただしフィナンシェは現在製造していないので他の代替品でよろしければ、というお話。

…あれ?他のもの?!

前回のときには、シュークリーム、プリン、フィナンシェしかなかったぞー。期待を膨らませてお店に向かいました。

お店に着くと、店頭にはニュープロダクツがショーケースに並んでいました♪
おぉ。選択肢が増えると嬉しい&楽しい!

色々と美味しそうだったので、いくつか購入。

今回購入したのは、

・プロフィットロール(チョコ掛けミニシュー)
(名前が縁起いい、とオットーが気に入る。)

・ミルクレープ(フルーツ入り)

・ゴマムース
(ちーちゃんのお気に入り。)

これ以外に、前回も購入のプリンと…しっかりゲットできました、シュークリーム♪♪♪
今回は買いませんでしたが、その他クレープ状のものや、フルーツプリン??も。
どんどん色々なスイーツが登場するのかなぁ。

購入したスイーツたちは、夜、ご近所のお友達を誘ってデザートタイムで試食会をしました。
私は今のところ、プリンがやはり一番好きです。


ゴマムース



プロフィットロール

 

ミルクレープ




2011年11月19日土曜日

野菜を求めてファームまで

今日は家族で朝からSultanpur(日本人御用達のAvalonホテルの近く)に存在するファーム、Tej Farm(通称Strawberry Farm)に野菜を買いに出かけてきました。

このファーム、確か「オーガニック」の野菜をつくっているところ。まわりの方々から話は聞いていたものの、今回はじめて足を踏み入れました。

どきどき。
門を抜け、あのう~こちらでいいんでしょうか~…。

朝靄なのか、スモッグなのか、砂埃なのかよくわからないもやっとした中に、整然と並ぶ畑の列。静かに広がる空間に立ち入った瞬間、戸惑ってしまいました。

入り口からまっすぐに伸びた中央の道を小さい小学校前ぐらいの女の子とその妹が反対方面から歩いて寄ってきて、「~~~~~」とヒンディで私たちに声をかけてきました。

よくわからないけど、おはよう、と言って挨拶してみる。今思うと、手を出していたので何かお菓子を頂戴、と言いたかったのかとも思います。あぁ、ごめんね、何も持ち合わせていなかったですよ。

奥では作業をしている作業員の人たちがパラパラと。
オットーが何をしてるのかなぁ、とよく見たところ、皆でイチゴをパック詰めしていました。
(ついでに、口ももごもご動いていた。食べながらパックしていた…笑)

おぉ!ウワサに聞いていたイチゴ!もう収穫できるんだ!
それ、1パックほしいよー。と言ったら、いいよ、と取り分けてくれました。

作業をしているお兄さんの一人がぬくっと立ち上がり、さあ行こう、とばかりに誘導。
これは水菜、春菊、青梗菜、レタスはどう?ホウレンソウはあまりいいのないよ、と指さしながら畑の中を一緒に歩き、欲しい場合は、キロの半分、とか、何本、とか言うと、適当に見繕ってくれてその場で収穫してくれます。

今回買ったのは、下記のとおり。
イチゴ、水菜、春菊、ほうれん草(結局いいのがあったらしい)、レタス、サラダ菜、青梗菜、カリフラワー、ブロッコリー、白菜、細ねぎ、太ねぎ、玉ねぎ

結構買いました。
新鮮な野菜に、夫婦で興奮。
インドに来てこんなに野菜を仕入れるのははじめて。
そもそも、インドに来て以来、こんなに新鮮な野菜に出会えるのもはじめて。
あぁぁ嬉しい。

買わなかったのですが、他にも目についたのは、
豆苗?貝割れ大根、大根、トマト、トウモロコシ、ライム、ミントなど。

いいですねぇ。
これからの時期、色々な野菜がようやく出てくるそうです。

採れたてのお野菜は本当にありがたい。
また来ようね、と嬉々として帰ったのでした。

チーちゃんは、というと、畑の間を歩いたりしながら自分自身でも野菜を抜きたがっていました。
イモ掘りではないよー。気持ちはわかるけど。
家族全員で楽しめたファーム訪れでした。

家に帰ってからは、これらの大量の野菜を全部洗うという作業にあけくれてしまいました。
夜は購入した白菜、春菊、ねぎ、水菜などを早速使って、鍋♪
鶏つみれを入れ、キノコ(シンガポールから買ってきたシメジ)も大放出。
野菜たっぷりのほっこりお鍋でした。
ほうれん草は胡麻和えに。

明日はイチゴが楽しみだー。
贅沢に、朝のヨーグルトにでも混ぜようかと思います。

うふふ。
野菜がある生活、嬉しいです。

2011年11月14日月曜日

年齢詐称?のドライバー

別に大したネタではないのですが。


<前情報>

我が家の新しいドライバー、プーさん。
(娘のチーちゃん、メイドのターさんに続き、紛らわしくなってきましたね、すみません。)

基本的に大真面目で信頼おけそうなベテラン・ドライバーさん。
ドライバー歴、勤続18年??とかだったような。
子どもも中高生3人、家のローンも払い、がんばってますよお父さん、がにじみ出ている感じの人。

日本メーカーと韓国メーカーの駐在員のドライバーをそれぞれ長く経験してきたので、
日本人御用達とか韓国人御用達のショップ情報に詳しく、そういう面でプーさん情報、結構重宝しています。

プーさんは激コンサバでめんどうくさいほどに正義感あふれる男。
家族へのリスペクトや教育などに話が移ろうもんなら、アツいアツい語りに入ります。
そして、仕事したいのです、家族のために!と、残業を顧みない切実さをアピールしてきます。

僕は誠実でありたい!というアピールも強く(特に、首にされたくないからだと思うけど)
残業時間は正確につけてますアピール、前職のボスから再就職のオファーが来たけどあなたのファミリーに仕えてますから断りました、という信頼されていますアピールなど、
「結構面倒くさいがいい奴」のプーさんなのでした。

<前情報おわり>

さて、車中、この生真面目プーさんとの気楽な世間話がなかなか楽しいのですが、
本日の会話は彼の年齢について。

プー「私、何歳に見えます?」

私「うーん、わからないなあ」(40後半?と思ったが、失礼かもしれないのであえてはぐらかす)

プー「実は、私、41歳なんです。」
私「えーそうなんだ、落ち着いているからもっと上かと思ってましたよ。」

プー「でも実は、免許証には43歳と書いてあるのです。」

私「え?!それダメでしょ。なんで?」

プー「免許証つくるときに打ち間違えられちゃったみたいなんです。
おかげで2歳も年上になってしまいました。わっはっは。」

プーさん、自分の細かい残業労働時間はめちゃくちゃ気にするし、いつまでも食い下がるくせに、
そんな大事なところはいいんですかぃっ?!身分証明ではないの??
というかそんなに免許証の内容って適当なんですか?!

インド的書類作成のいい加減さに、
そして、プーさんのやっぱりインドです的アバウトさについつい感心してしまったのでした。

…余談ですが、プーさんに逆にオットーの年齢を聞いてみたところ、
一回り分ちかく実年齢より上のとしだと思っていたことが判明。
普段はオットー、としより若く見られるのにね。

これはもしやベテランドライバーの上手なとぼけなのか、
はたまた、やっぱり適当~なだけなのか。

年功序列を大事にしそうなプーさん、実年齢聞いて、
明日から急にオットーに態度が変わらなければいいのですが…。

ニームの樹

万病に効く、とされる、「ミラクル」ニームの樹はご存じですか?どうやら肌が弱い人が煎じたエキスを塗るといいとか、虫よけになるとか、とにかく効力が世界的に注目されている樹、らしい。それが、インドではあちこちに生えているのだとか。

そんなことは、さーっぱり知りませんでしたが、先日、とある日本人の方からそう聞いていたので、ふーん、どの樹なんだろう、と思っていました。

今度ドライバーか誰かに聞いてみよう、と思った矢先のこと。

メイドのターさんが、「マム、ベランダにかかっていた樹の枝が邪魔だし落ち葉が嫌だったので、私、切ってやりましたよっ!」と得意げにアピールしてきたので、一緒に功績を確認すべく、ベランダを眺めていました。

(話が逸れますが、我が家には剪定ばさみものこぎりもありません…ターさん…何で切ったんだ…もしや、キッチンにある包丁…。疑惑あり。でも、コワくて聞けませんでした。)

ほっほう。
よーく切れているではないか。ベランダも明るくなって、いいぢゃん?
(この時はまだ、何で切ったかを連想していなかったので、余裕の構え。)

ほめたら、ターさん、「そういえば、このとなりの樹、ご存じですか?」
和やかな会話が続く。

「英語名わからないですが、ニームって言うんですよー。」

おぉ!なんとびっくり、我が家の目の前の樹がまさに気になっていたニームの樹だったのです。
教えてくれてありがとう、ターさん。

どういうときに使うの?と聞いてみたところ、やはり皮膚あれなどがあった場合、新芽を煎じて飲んだり塗ったりするそうな。あとは、食後にちぎって噛んで、歯ブラシのかわりにしているインド人も多いらしい。

「チーちゃんの汗疹がひどかったら集めて煎じたものを作りますから♪♪♪」
と、メイドのターさんは嬉しそうにオファーしてくれました。

ありがとう、ターさん。
…その時はまた包丁でバッサリ、なんだろうか…。

気になるニームの樹、身近に発見!でした。

2011年11月11日金曜日

久しぶりのパンづくり

シンガポールで美味しいパンを食べ、大和屋さんで買ったSibangの甘めのパンを食べ…が続いたせいもあると思うのですが、久しぶりにパンが作りたくなり焼いてみました。

ヨーグルトはちみつパン(レーズン入り)

強力粉、イースト、レーズンは日本からのもの。
塩、ヨーグルト、はちみつ、卵、バターはこちらのもの。

日本にいたころは、卵・バター不使用のパンづくりがほとんどでしたが、久しぶりに入れてみました。

明日、知人宅に持参するのでまだ切っていません。
美味しく焼けているといいなぁ。

久しぶりのパンづくりは思いのほか楽しくて、こちらの粉を使ってまた今度パン作りに挑戦してみようかと思います。

天然酵母パンのリズムをつけて、これまたメイドのターさんにバトンタッチするのもありか。(最近なんでもターさんにお願いできるかを企んでいます。豆腐作りはなかなか板についてきました。)

美味しい豆腐が食べられる生活…
美味しい餃子が食べられる生活…
そして、美味しい焼き立てパンを食せる生活…

あぁ素敵。
食に貪欲に、妄想が膨らむばかりなのです。

食欲の秋。(いや、季節は関係ないかも。笑)

2011年11月10日木曜日

揚げちゃった餃子

シンガポールから買って帰ってきた食材の中のうち、本日は餃子の皮とサツマイモ使用。
サツマイモはレモン煮に。あぁ~美味♪♪

餃子の皮も使ってやろうか、ぐっへっへ。
…というわけで、おなじみ肉屋のPIGPOに行って豚ひき肉を購入。

野菜はニラではなく、キャベツ・にんじん。そしてエビも加えました。

インドにもmomoってあるし…と、メイドのターさんに挑戦して作ってもらいました。調味料は、Dancyuの過去の餃子特集から調合を適当に拝借。

出来合いの餃子の皮のパックを見たら、ターさんはDancyuの中にあった皮づくりページの写真を見ながら、次回は粉から作ってみましょう、と結構乗り気。チャパティなどと同じ要領ですしね。彼女ならやってくれるかも。美味餃子が日常化する食卓の妄想が頭をかけめぐります。

ターさんの年代的なものなのかインドの主流の考え方なのか(たぶん両方)、ターさんは出来合いものには抵抗があるようです。なるべく一から作り上げるほうが好みらしい。パチパチ。
そのスピリットは見習わなければ。

さて、餃子づくり開始。
具をつくるのまでは良好。
成形も、一度教えたらなかなか良好。
全部できたら夕食分以外は冷凍して、じゃ、よろしくね!

…とここで油断しました。
焼き方を教え忘れ(というか、先走られてしまった...)
ちーちゃんとお昼寝して目覚めて気が付いたら夕食分がカリカリに揚がっていました…。

寝起きの私に対してのターさん:「マム、今日の夕食分には何個食べますか?」
私:「うーん、ちーちゃんと私だけだから10個ぐらいかなぁ」
ターさん:「もう15個つくってしまいました。」
(だったら聞くなよ…)


あぁ。美味しかったんだけどね。
ターさん、油断すると揚げちゃうのネ...。

余談ですが、マーケットでベビーホウレンソウをゲット。
しっかり洗ってお浸しにしました♪
食べていたら一度だけ一瞬、香草の味もしたような気がしたのですが…混ざってた?!ご愛嬌?
葉物がようやく店頭に増えてきたかな?
嬉しいです。

冷凍餃子は重宝しそうです。
だからしばらく手作り皮はお預けかな…。